FC2ブログ

出会い系サイト利用規約de評価」とは?


出会い系サイト利用規約de評価 「出会い系サイト利用規約de評価」とは?
 『出会い系サイト利用規約de評価』はいろいろな出会い系サイトの利用規約の情報と口コミ評価をまとめた出会い系評価ブログです。


出会い系サイト利用規約de評価 なんで利用規約の情報?
 ⇒詳しくはコチラをご覧ください


出会い系サイト利用規約de評価 「出会い系サイト利用規約de評価」の利用方法
 情報を得たい出会い系サイトがありましたら検索窓から、または出会い系サイト別検索、五十音検索でチェックをして下さい。

 情報を得たい出会い系サイトがなかった場合は、調査・掲載依頼掲示板に書き込みをお願いします。気づき次第情報を集めます。

 また出会い系サイトの情報を持っているという方は、情報提供をお願いします。みんなが幸せな出会い環境を作っていけるように協力をお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【児童買春】出会い系サイトを規制したら一般サイトがその場に

コミュニティーサイトやプロフィルサイト(プロフ)など、携帯電話やインターネットの一般サイトを通じ、中高生が性的被害に遭う事件が増えている。異性との交際を目的とする出会い系サイトの規制が強化されたためで、援助交際の温床にもなっている。

「映画を見に行こう」
札幌市内の女子高校生(17)は7月、携帯電話のコミュニティーサイトで知り合った北海道豊浦町の無職の男(22)からメールで誘われた。気軽に市内で会うと、男は「眠いから休憩しよう」などと言い、生徒をホテルに連れ込んでいかがわしい行為に及んだという。男は8月、北海道青少年健全育成条例(淫行(いんこう)等の禁止)違反容疑で逮捕された。

こうしたサイトには、中高生が援助交際を持ちかける書き込みもあふれている。
札幌市中央区の女子中学生(15)が4月上旬、「援(助交際)するから、金くれる人」と書き込むと、釧路市の会社社長の男(53)が「3万円でどう」と応じたという。多額の小遣いを持っていることを母親が不審に思い、発覚。男は児童買春禁止法違反容疑で逮捕された。
警察庁によると、08年に出会い系サイトを利用して犯罪被害に遭った子どもは724人で、それ以外のサイトによる被害も792人に上る。09年上半期(1~6月)には、出会い系サイト265人に対し、それ以外が545人に達した。

背景には、出会い系サイトなどの規制強化がある。子どもを誘う書き込みの削除などを業者に義務付けた改正出会い系サイト規制法が昨年12月に施行。4月には有害サイト規制法も施行され、出会い系サイトなどへの接続を防ぐフィルタリングサービスの提供が携帯電話会社などに義務付けられた。しかし、いずれも一般サイトは対象外だ。
捜査関係者は「最近は健全サイトで連絡先を教えて個別に連絡を取るケースが増え、違法行為の発見が難しい」と打ち明ける。
一方、石川県議会は6月、小中学生に携帯電話を持たせないよう保護者が努力する規定を全国で初めて盛り込んだ「改正いしかわ子ども総合条例」を可決した。来年1月から施行される。

http://mainichi.jp/life/today/news/20091007ddm013100182000c.html
[ 続きを読む ]

【アダルトチャット】一対一アダルトチャット摘発=運営社長ら8人逮捕-公然わいせつ容疑で


 インターネットのチャットサイトで、不特定の利用客に女性のわいせつな動画を閲覧させたとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは2日までに、公然わいせつ容疑で、アダルトサイト運営会社社長(48)ら8人を逮捕した。

 同隊によると、一対一で利用するチャットサイトが同容疑で摘発されたのは初めて。容疑者は容疑を認め、「一対一なのでグレーゾーンだと思っていた」と供述しているという。同隊は「誰でも登録すれば閲覧でき、不特定に当たる」としている。

 同社は3サイトを運営し、「チャットレディ」などと呼ばれる一般女性約1万5000人が登録。昨年1年間で約15億5000万円を売り上げたという。

 逮捕容疑は6月23日午後1時半から50分ごろの間、利用客に、都内の主婦(50)ら2人がパソコンのウェブカメラで撮影したわいせつな動画を閲覧させた疑い。

 同隊によると、利用客はパソコンで会員登録後、1分間250円で好みの女性のライブ映像を見ながら会話を楽しめる。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009100200344
[ 続きを読む ]

【児童買春】児童買春被害増加…規制外サイトが温床

 山口県内で出会い系サイトなどを通じて知り合い、買春などの被害に遭った18歳未満の子どもが、今年は8月末までに30人と、昨年同期(9人)の3倍以上に上っている。わいせつ目的に未成年者を誘い出す手段が、出会い系サイトに加えて、規制の対象外となっている「プロフ」と呼ばれる自己紹介サイトなどのコミュニティーサイトへも広がっており、県警は注意を呼びかけている。

 県警少年課によると、買春などの被害に遭った18歳未満の子どもは昨年1年間で16人だった。
今年8月末までに被害に遭った30人のうち、出会い系サイト以外で知り合ったのは10人と、昨年同期の3人から大幅に増えている。県警が8月、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕した宇部市の男(30)は、コミュニティーサイトで知り合った女子高校生(当時17歳)に現金を渡す約束をした後、みだらな行為に及んでいた。

 このほかにも、同様のサイトで知り合った女子中学生(当時15歳)とわいせつな行為をしたとして、防府市の30歳代の男が書類送検されるなど、今年に入って21件、14人が同法違反や県青少年健全育成条例違反容疑などで摘発されている。

 昨年12月には、改正出会い系サイト規制法が施行され、サイトの運営者は会員の年齢確認をしなければならないなど、規制が強化された。一方、法規制の対象外のコミュニティーサイトは、子どもたちの有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリング(選別)の対象外のものも多い。

 運営業者による監視や警察によるサイバーパトロールが行われているが、同課の次長は「すべてを網羅するのは不可能で、発覚は氷山の一角」と警鐘を鳴らす。未成年者側が小遣い稼ぎや家出時の宿泊場所を探すのに使用しているケースもあるといい、別の捜査関係者も「電話番号を平仮名で表記するなど、監視をすり抜けようとする手口もある」と明かす。(抜粋)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20090923-OYT8T00867.htm
[ 続きを読む ]

【児童買春】「セックス好き。教え子と同年代の子と…」 買春容疑の高校教諭逮捕

18歳未満と知りながら、現金を渡して少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁蔵前署は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、埼玉県立高校の臨時教諭、男性容疑者(51)=深谷市=を逮捕した。同署によると、容疑者は容疑を認め、「仕事や私生活でストレスがたまっていた。セックスが好きで、教え子と同年代の若い女の子がほしかった」と話している。

 逮捕容疑は、昨年10月19日ごろ、桶川市内のラブホテルで、当時16歳だった私立高校2年の女子生徒に現金1万5千円を渡し、わいせつな行為をしたとしている。

 同署によると、容疑者は昨年秋ごろ、インターネット上の自己紹介サイトを通じて女子生徒と知り合い、「援交しませんか?」などとメールをしてわいせつ行為を持ちかけたという。

 埼玉県教育委員会によると、容疑者は平成15年4月から臨時教諭として働き始め、現在の学校には今年4月から勤務していた。担当者は「生徒や保護者を裏切る断じて許されない行為。再発防止に努めていきたい」としている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090917/crm0909171308015-n1.htm
[ 続きを読む ]

【児童買春】サイトで知り合った少女にわいせつ行為&裸体を撮影した男を逮捕

インターネットサイトで知り合った少女にわいせつな行為をした上、裸体を撮影したとして、大阪府警豊中南署は15日、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで、兵庫県川西市小花、韓国籍の建設業の男性(30)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

逮捕容疑は5月15日午前1時ごろ、インターネットの会員制交流サイト(SNS)で知り合った京都府内の中学3年の少女(14)を自宅に連れ込んでわいせつな行為をした上、カメラ付き携帯電話で全裸画像などを撮影した疑い。

同署によると、少女は「悩みを相談しようと思って会った」と話しているという。容疑者は「ほかにも5人ぐらいの少女の画像を撮った」と話しており、同署は画像の使用目的について調べを進める。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009091500741
[ 続きを読む ]

【出会い系詐欺】「セレブな女性と交際…」とうその広告 交際保証金名目で現金詐取

 交際した女性から現金をもらえるとうその広告を出し、交際のための保証金名目で現金を だまし取ったとして、千葉、茨城など4県警の合同捜査班は13日、詐欺の疑いで、千葉県 柏市篠塚のバイク販売業、氏家建治(26)と同市十余二の無職、島村隆典(23)、千葉県 我孫子市台田の無職、三浦貴大(22)の3被告=詐欺の罪で起訴=を再逮捕した。

千葉県警捜査2課によると、3人は容疑を認めているという。

 同課の調べによると、3人は今年1月下旬から2月2日の間、スポーツ新聞などに「セレブな女性との交際まで当社スタッフが完全サポートします」と、実体がない「交際倶楽部ロッソ」 社名義でうその広告を掲載。同社が紹介する女性と交際すれば謝礼金が受け取れると 信じ込ませ、入会した大阪府の男性会社員(51)から「女性と交際するには保証金が必要」と 虚偽の事実を告げ、20万円をだまし取った疑いがもたれている。

 同課によると、会社員は実際には一度も女性を紹介されなかったという。同社ホームページにも 同じような宣伝を出しており、同課は被害が全国に及ぶ疑いがあるとみて実態解明を進めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000543-san-soci
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。